1. TOP
  2. 医師
  3. トリコモナス膣炎とは?原因・症状・治療法は?

トリコモナス膣炎とは?原因・症状・治療法は?

トリコモナスとは

肉眼では見ることのできないトリコモナス原虫が、性器内に入り込んで炎症を起こす性感染症です。男女で寄生する場所が異なり、男性の場合は前立腺精巣尿道膀胱です。女性の場合は膣内子宮頸管尿道膀胱に寄生します。男女いずれの場合も、尿路感染の場合には尿によって排出される可能性があります。

最近の傾向として、各国地域による感染率の差が大きいと言われていますが、日本は減少傾向にあります。しかし、感染者の中には再発を繰り返す難治症例も少なくないといわれています。

 トリコモナスになったらどうなる

男性がトリコモナス原虫に感染した場合、ほとんどの方は無症状で経過することが多いとされています。症状が出現した時には尿道の痒み違和感といった症状が主な症状です。

トリコモナス原虫に感染した女性の約20~50%は自覚症状がないものの、半年以内に女性の感染者の1/3は「泡状で悪臭を放つ褐色または黄緑色のおりもの」が出たり、「外陰部の猛烈なかゆみ」あるいは「刺激感」、「膣の発赤(炎症による充血で赤くなること)」が現れます。そのまま症状が現れない女性は感染に気付かないので、炎症が卵管にまで拡大し、最悪の場合、不妊流産早産のリスクが生じてしまいます。

健康な女性の膣内は、乳酸棹菌という細菌が、膣の粘膜細胞内にあるグリコーゲン(糖)を乳酸に代謝して膣内を適度な酸性度(pH)に保つことで、膣内に悪い菌が侵入繁殖することを防いでいます。

しかし、トリコモナスはこのグリコーゲン(糖)を摂取しており、乳酸菌の分まで消費してしまうので、その結果、膣内を清潔に保つ乳酸菌乳酸が減少し、結果として膣内の酸性度(pH)が上昇して、それまで侵入繁殖を抑制されていた、悪臭の原因菌(嫌気性菌大腸菌球菌など)が増えるとされています。

トリコモナスの検査方法

女性の場合は、膣壁を綿棒で擦り採取したものを培養検査します。男性の場合は、尿の培養検査を行います。結果の判明は男女共に 5~7日ほどかかります。

トリコモナスは、原虫の成長の周期により個体数が変化します。また、罹患していても男性の場合は尿検査の際、検体の中にたまたまトリコモナス原虫がいないことによって検査結果が陰性となることがあります。その為、女性からトリコモナス原虫が検出された場合、パートナーの方も感染していることを前提に、同時に治療を開始することをお薦めしています。

トリコモナス検査費用

男性の場合は尿検査を行います。女性の場合は膣壁を綿棒で擦る分泌物検査を行います。

あおぞらクリニックでは、男女共に検査料金 は各8,000円(税別)となります。

トリコモナスの症状

男性に感染すると、尿道炎の症状(軽い排尿痛かゆみ、ペニスの先から膿が出るなど)を起こしますが、ほとんどの場合は自覚症状がありません。トリコモナスの感染が尿道に限局されている場合は、感染に気がつかないまま排尿で自然に洗い流されることもあります。

女性に感染すると、膀胱に炎症が起こり、泡状で悪臭を伴うおりものや、膣内が「熱い」と感じる激しいかゆみ、外陰部が赤くただれてヒリヒリする、排尿時の痛みの症状が現れます。女性の場合、無症状の感染者が20~50%とも言われており、治療せずに放っておくと炎症が卵管まで移行し、不妊症早産流産をまねく可能性があるため注意が必要です。

トリコモナスに似た症状

男性の場合、感染する部位は尿道前立腺膀胱精巣になります。感染しても多くの方は無症状で経過しますが、症状が出た場合、尿道口から膿が出たり、排尿時の痛みや性器周囲の痒み違和感などを呈することがあります。

それらの症状が出現した際、トリコモナス以外の感染症にも注意しなくてはなりません。それは、クラミジア淋病マイコプラズマウレアプラズマ一般細菌カンジダといったような細菌真菌です。

症状の有無や症状の強弱で、感染している病原体を特定することは困難です。複数の病原体に同時に感染(重複感染)している可能性があるため、検査で原因を特定し、有効な治療を受けることが必要とされています。

女性の場合、感染する部位は膣内子宮頚管膀胱尿道になります。女性の場合、感染していても、感染初期は約20~50%は自覚症状がなく経過することもあります。

症状が出た場合、異臭の強いおりものが増えたり膣の痛みかゆみを感じることがあります。それらの症状が出現した際、トリコモナス以外の感染症にも注意しなくてはなりません。原因となる病原体は、男性と同様で、クラミジア淋病マイコプラズマウレアプラズマ一般細菌カンジダといったような細菌真菌です。

症状の有無や症状の強弱で、感染している病原体を特定することは困難です。複数の病原体に同時に感染(重複感染)している可能性があるため、検査で原因を特定し、有効な治療を受けることが必要とされています。

トリコモナスの原因

トリコモナスとは原虫の一種です。

原虫と表記されるので虫を想像する人もいますが、正しくは虫ではありません。アメーバの仲間といったほうが想像しやすいと思います。【トリコモナス原虫】はこれらの微生物の仲間です。

大きさは、0.01~0.025mmぐらいの大きさで、肉眼で確認することは出来ません。しかし、ウイルスなどと比べると遥かに大きいので、顕微鏡で簡単に確認することが出来ます。

 トリコモナスの治療方法

治療は、抗原虫薬(商品名:フラジール錠250mgなど)を10日間投与するのが一般的です。ただし、薬剤に耐性を示すトリコモナスもあり、高用量の再投与でも治療効果が現れない症例も報告されています。

内服により一時的にアルコール分解遅延が起こり、悪酔いを起こした状態(アンタビュース様作用)のようになるため、必ず内服開始から最低でも13日間以上は禁酒をする必要があります。

女性の場合は、膣錠(膣の中に挿入し、分泌液で溶けると効果をあらわす薬)を使うこともあります。再検査で膣トリコモナスがなくなったことを確認して治療が終わります。女性の場合は、次回の月経後にもう一度検査するのが望ましいとされています。パートナーにうつさないために、完治するまでは性行為を控えましょう。

性感染症を疑ったら、パートナーと一緒に検査や治療を受けることが大切です。

トリコモナスの予防方法

パートナーの方がトリコモナスに感染された場合は、男性のパートナーも一緒に治療をしてください。男性の場合、無症状で経過することが多いとされています。一方の方が未治療だと、お互いに病気を感染し合う(ピンポン感染)リスクがあるため、ぜひ一緒に治療してください。

トリコモナスの感染経路

トリコモナスの感染経路は性行為だけでなく、下着タオルバスルームトイレの便座、などを介して感染することもあります。

上記のような、共有物共有場所による感染経路も知られており、性行為の経験がない女性幼児にもしばしば感染者がみられることも特徴の一つとされています。

トリコモナスの潜伏期間

潜伏期間は男女ともに平均して10日前後であると言われています。 しかし男性の場合ではトリコモナス原虫に感染していても自覚症状が乏しい場合も多く、潜伏期間がはっきりと特定できないことがあります。

女性の場合では、感染していても症状が現れない場合が20~50%あるといわれており、トリコモナス症を放置してしまうと、炎症が卵管まで進み不妊症、早産流産の可能性もあります。女性の場合、おりものの臭いがおかしい、尿道痒い痛いなどの症状が出た場合、早めに病院を受診してください。

不安な方へのアドバイス

トリコモナス膣炎は、
衣服やタオルなどでも可能性としては低いですが感染してしまいます。
その為、「知らない間に…感染していた…」という場合もあります。

自覚症状としては、おりものが主ですが、
やはり気づかない場合が多いです。
もし、少しでも違和感があれば直ぐに検査を受けてみてください。

男性の場合、検査をしても検出できない場合があるので、「検出されなかったから僕は大丈夫。安心。」とそのままにしてしまいがちです。その為、パートナーが治療をした後に、再度うつしてしまう。という事になってまいます。

あおぞらクリニックでは女性の方がトリコモナス膣炎と分かった場合は、パートナーの方にも投薬治療をお勧めしております。

早期発見!早期治療!をしっかりしていきましょう。
「もしかして…」と思ったら、すぐにご来院ください。
私どもがしっかりと検査・治療をさせていただきます。

あおぞら性病クリニック

 

不安な時は、トリコモナスの検査をしましょう

東京近郊にお住まいの方は、性病専門クリニックで不安と悩みを一気に解消しましょう。

 

遠方の方でも検査キットで簡単に検査ができます。

\ SNSでシェアしよう! /

トリコモナス情報ラボ|あおぞらクリニックの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

トリコモナス情報ラボ|あおぞらクリニックの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋

この人が書いた記事  記事一覧

  • トリコモナス膣炎とは?原因・症状・治療法は?