1. TOP
  2. 性病別
  3. 梅毒の治療と検査方法は?梅毒感染の症状について

梅毒の治療と検査方法は?梅毒感染の症状について

梅毒に関する項目一覧

梅毒とは

梅毒に感染していたら、「大動脈炎」「大動脈瘤」「ゴム腫形成」「鞍鼻(あんび)」などが発症する可能性もあります!

治療薬「ペニシリン」が発見されるまでは、不治の病として恐れられていた病気でした。
現在では早期治療すれば完治することができます。しかし、感染力が高いため安心はできません。
進行すると日常生活ができない程の症状が出る恐ろしい病気です。早期発見、早期治療を心がけましょう。

梅毒はTreponema palidum subspecies pallidum(T.p.)の感染で主として性行為または類似の行為により感染する性感染症の代表的な疾患です。
一般に皮膚や粘膜の小さな傷からT.p.が侵入することによって感染し、やがて血行性に全身に散布されて、さまざまな症状を引き起こす全身性の慢性感染症です。
胎児が母体内で胎盤を通して感染したものを先天梅毒と呼び、それ以外を後天梅毒と呼びます。
さらに、皮膚、粘膜の発疹や臓器梅毒の症状を呈する顕症梅毒と症状は認められないが梅毒血清反応が陽性である無症候梅毒に分けられます。

第一期梅毒
(感染後から概ね3週間後から3ヶ月の間に症状が現れる時期)

初期硬結(しょきこうけつ)

周辺の皮膚が傷となり潰瘍を形成します。基本的に痛みや痒みは伴いませんが、他の菌との重複感染により症状が現れる場合があります。
男性の好発部位:亀頭と陰茎の間の部分(冠状溝:かんじょうこう)、
亀頭、陰茎、性器周辺の皮膚
女性の好発部位:膣の中(子宮膣部)、大陰唇・小陰唇周辺の皮膚
男女共通の好発部位:口腔粘膜・咽頭粘膜
症状:基本的に痛みや痒みを伴わない硬いしこり

硬性下疳(こうせいげかん)

男性の好発部位:亀頭と陰茎の間の部分(冠状溝:かんじょうこう)、
亀頭、陰茎、性器周辺の皮膚
女性の好発部位:膣の中(子宮膣部)、大陰唇・小陰唇周辺の皮膚
男女共通の好発部位:口腔粘膜・咽頭粘膜

無痛性横痃(むつうせいおうげん:よこね)

感染部位周辺のリンパ節(鼠径部・頸部など)が硬く腫れます。無痛性で、治療せずに放置しておいても時間の経過と共に消失します。

第2期梅毒
(感染後から概ね3ヶ月以上経過した時期)

梅毒性バラ疹(ばいどくせいばらしん)

発疹が体幹を中心に顔面や四肢、足底や手掌に現れます。

丘疹性梅毒(きゅしんせいばいどく)

えんどう豆ほどの赤褐色の丘疹が体幹や顔面、四肢、足底や手掌に現れます。

扁平コンジローマ

尖圭コンジローマとは異なり、梅毒感染が原因で現れる扁平状のイボ
好発部位:陰部や肛門周囲の皮膚

膿疱性梅毒(のうほうせいばいどく)

体幹を中心に顔面、四肢、足底や手背に現れる膿を含んだイボ。

梅毒性脱毛

頭皮の一部もしくは、全体的に脱毛が起こる。頭皮以外のまつ毛にも起こることがあります。

梅毒性白斑(ばいどくせいはくはん)

皮膚の色素細胞が障害され、皮膚の一部もしくは複数が白くなります。
梅毒性爪炎・爪囲炎(ばいどくせいそうえん・そういえん)
症状:手や足爪や周辺が赤く腫れます。

梅毒性粘膜疹(ばいどくせいねんまくしん)

好発部位:口腔内粘膜、咽頭粘膜、口唇
症状:紅斑もしくは乳白色に腫れます。

梅毒性アンギーナ

扁桃や軟口蓋周辺が赤く腫れます。

第3期梅毒
(概ね3年〜10年以上経過している状態)

結節性梅毒(けっせつせいばいどく)

皮膚・骨・筋肉に、また肝臓や腎臓などにも硬いしこりやゴムのような腫れものができます。
鼻骨周辺に形成するゴム腫を(鞍鼻)ともいいます。
※現在、日本国内に第3期梅毒まで進行した症例はほとんど報告されていません。

第4期梅毒
(概ね10年以上経過している状態)

心臓血管系、中枢神経系が侵され、大動脈瘤形成や大動脈破裂が起こります。
脊髄癆(せきずいろう)により進行麻痺、痴呆などの症状が現れます。日常生活が困難となり、死に至ることもあります。
※第3期梅毒と同様に、日本国内に第4期梅毒まで進行した症例はほとんど報告されていません。

梅毒の症状

梅毒に感染すると、潜伏期間中は症状がありません。そのため、なかなか気づくことができません。
発見が遅れ、症状が進行すると日常生活ができない程の症状がでる恐ろしい病気です。 発症してからの症状としては、下記の症状が挙げられます。
しかし、この症状が絶対に出るというわけではありません。
梅毒は進行すると日常生活ができない程の症状が出る恐ろしい病気です。
早期発見・早期治療を心がけましょう!

  • 感染部位に硬いしこりができて痛みのない腫瘍になる。
  • 鼠径(ソケイ)部(足の付け根)にしこりができた。
  • 全身に赤いバラ疹が出る。(手のひらにも出る)
  • 以前、湿疹やしこりがあったけど今はなくなった。
  • 発熱や扁平コンジローマなどの症状が出る。

梅毒かな?と思った時のポイント

症状が出ている場合は、すぐに病院に行きましょう。

※症状が出ていなくても、梅毒は感染機会から1ヶ月以上経過していれば検査を行うことが出来ます。

どのくらいで症状が出るの?

感染の機会から3週間で症状がではじめます。
ただし、全く症状が出ない場合もあるので、心あたりがある方は無症状でも検査をすることをおすすめします。

お薬で完治させることが出来ます。早めに治療に行きましょう。

※感染から長期間経過していても治療は可能ですが、治療が長引くことがあります。
感染から3ヶ月以内に治療を開始することをおすすめします。

梅毒の検査方法

受付

問診表のご記入をお願いします。
匿名で記入いただいて大丈夫です。
日本性感染症学会会員であるスタッフがご相談に伺います。

問診

医師法20条により、医師による問診を行います。
その上で、ご本人のご希望を確認の上、適正なSTD検査(性病検査)をご提案します。

検査

採血による検査を行います。採取する血液の量は、とても微量なのでご安心下さい。検査に使う注射器、注射針、アルコール綿、絆創膏、手袋なども毎回新しいものを使い、衛生管理を徹底しています。
以前梅毒にかかったことがある方と即日検査で陽性反応が出た方には精密検査を受けていただきます。
なお、即日検査で陽性反応が出た方には無料で精密検査を行っております。

結果報告

今まで梅毒にかかったことが無い方は即日検査を行うことが出来ます。
精密検査の結果については後日お電話やWEB上(PC・スマートフォンで閲覧可能)で確認できます。書面が必要な方は、検査結果をお渡しいたします。90日間までWEBからダウンロードが可能です。
※即日検査を受けて陽性だった方の精密検査費用はかかりません。但し、治療開始後の精密検査は別途費用が発生します。

梅毒の検査料金(自由診療)

あおぞらクリニックでは、問診料や再診料は頂いておりません。
患者様のご負担は、検査料金とお薬代のみです。

「TP法」と「RPR法」による梅毒検査

疑われる行為から1ヶ月以上2ヶ月未満の方向け

検査結果 約15分後と検査の翌日

料金 8,000円(税別)

診察料 0円

なお、即日検査で陽性反応が出た方には、無料で精密検査を行っております。
※梅毒検査以外に3つ以上検査を受ける場合は、1つの検査料金が原則として5,000円とお安くなります。

「TP法」による梅毒検査

疑われる行為から2ヵ月以上経っている方向け

検査結果 約15分後

料金 8,000円(税別)

診察料 0円

感染していた場合、「RPR法」による検査を行ないます。料金は「TP法」とセットです。
結果報告は検査の翌日になります。
なお、即日検査で陽性反応が出た方には、無料で精密検査を行っております。
※梅毒検査以外に3つ以上検査を受ける場合は、1つの検査料金が原則として5,000円とお安くなります。

梅毒の治療料金(自由診療)

治療方法  抗生物質の服用(2〜12週間服用)
※検査結果により、服用期間には個人差があります。

料金 2週間で10,000円(税別)

診察料 0円

メールでの問い合わせ メールでの問い合わせ

あおぞらクリニック 新橋院

診療時間

 
平日 午前
11:00〜14:30
平日 午後
16:00〜20:00
土曜・日曜・祝日
10:00〜18:00

※土・日・祝は休憩時間はありません。

※奇数月第二日曜日休診

【男性の方】
予約不要、時間内にお越しください。
※淋病・クラミジアの即日検査の受付は、終了30分前までとなります。

【女性の方】
予約不要、時間内にお越しください。
男女別待合室の為、女性の患者様は女性の待合室にご案内します。

当日の診療は、受付順にご案内いたしますので、お待ちいただくこともありますこと、ご理解いただきますようお願いいたします。

※医師は男性医師となります。
※女性の性器の診察は、土曜日は行っておりません。
膣の検査をご希望の方は自己採取していただきますが、土曜日以外は医師による分泌液採取も可能です。土曜日は自己採取のみとなります。

※生理中は、膣の検査は出来ませんのでご注意願います。

※淋病・クラミジアの即日検査の受付は、終了30分前までとなります。

所在地

〒105-0004
東京都港区新橋2丁目16-1 ニュー新橋ビル3F

【男性】330.331 【女性】339

新橋駅日比谷口から徒歩0分

03-3506-8880


新橋院

あおぞらクリニック 新宿院

診療時間

 
平日 午前
11:00〜14:30
平日 午後
16:00〜20:00

※土日祝休診

※淋病・クラミジアの即日検査の受付は、終了30分前までとなります。

所在地

〒160-0022
新宿区新宿3丁目18-1しんじゅく一色ビル6F

※1Fにソフトバンクさんがあるビルです

新宿駅東口から徒歩1分

03-3353-8800


新宿院

ライター紹介 ライター一覧

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋