1. TOP
  2. 性病別
  3. HIV(エイズ,AIDS)に対するPEP療法

HIV(エイズ,AIDS)に対するPEP療法

HIV(エイズ,AIDS)に対するPEP療法、PEP治療に関する項目一覧

HIV(エイズ,AIDS)に対するPEP療法とはPrEP療法についてはコチラです。

PEPとは、曝露後予防(post exposure prophylaxis)の略語です。HIVに感染したかもしれない性行為や医療事故の後、日常においてHIVに感染した可能性がある時、72時間以内に抗レトロウイルス薬(HIVに対する治療薬)の内服を開始して、HIVに感染するリスクを低下させる予防策のことをいいます。

PEP療法は、1日2回の内服を28-30日間続ける必要があります

PEP療法は、正しく投与されたときにHIVを予防するのに有効ではありますが、100%の精度での感染予防策ではないので、予め留意してください。

※ 性交渉後の曝露後予防を目的とした抗HIV薬内服は、アメリカなど複数の国では、国策として多くの国民に浸透している治療法になります。

PEP療法の対象

  • 医療事故や性行為、日常生活においてHIVに感染した可能性があると考えている方
  • 不安な接触行為から、72時間以内であることがわかっている方
    ※アメリカ疾病予防管理センター(CDC)のガイドラインでは、72時間以内での治療を推奨しています。
  • PEP療法開始前に、今現在、HIVやB型肝炎ウイルスに感染していないことが明確になっている方
    ※すでにHIVやB型肝炎ウイルスに感染している場合、PEP療法の対象にはなりません。

PEP療法の副作用と注意点

副作用

代表的な副作用として、腎機能障害・吐き気・軽いお腹の張り(腸管内のガスが増えます)などが挙げられます。

注意点

出生時や乳幼児期にHBV感染した場合、持続感染に移行します。生後数年~十数年間は肝炎の発症がなく、感染したHBVは排除されずに体内で共存しています。この状態を無症候性キャリア(症状がなくても他人に感染させうる状態)と言います。
思春期を過ぎると自己の免疫力が発達し、異物(病原物質)であると認識できるようになります。白血球(リンパ球)がHBVを体内から排除しようと攻撃を始めますが、この時リンパ球が、HBVに感染した肝細胞も一緒に壊してしまうので、肝炎が起こり始めます。
一般的には、10~30才代の頃に一過性の強い肝炎を起こしますが、HBVは増殖性の高いウイルスから、時間と共に比較的おとなしいウイルスに変化します。
その後、多くの場合はそのまま生涯にわたって強い肝炎を発症しません(非活動性キャリアと言います)。このように思春期以降、一過性の肝炎を起こした後、そのまま一生、肝機能が安定したままの人がおよそ80~90%です。残りの10~20%の人は慢性肝炎へと移行し、その中から肝硬変、肝がんになる人も出てきます。

B型慢性肝炎ウイルスに感染している方は、この薬の使用を中止するとB型慢性肝炎が悪化することがあります。とくに進行したB型慢性肝炎の場合は、症状が重くなることがあります。

次の人は、この薬を使用することはできません。
・骨粗鬆症を治療中の方

次の人は、慎重に使う必要があります。使用する前に医師に告げてください。
・腎臓に障害のある方

この薬には併用を注意すべき薬があります。他の薬を使用している場合や、新たに使用する場合は、必ず医師に相談してください。

処方までの流れ

問診・診察

問診・診察を行い、HIV感染のリスクおよびPEP療法の適応を判断します。

血液検査

HIVやB型肝炎ウイルスにすでに感染していない事、腎機能障害が無いことの確認を行います

※すでにHIVやB型肝炎ウイルスに感染している方、中等度以上の腎機能障害のある方は残念ですが、PEP療法を受けることができません。

抗HIV薬の保険適応外使用に関する医師による説明と同意文書への署名

服用方法、予想される副作用、副作用が発現した場合の対処方法などを説明します。

抗HIV薬の処方

初回外来では診察及び血液検査を行い、問題がなければ14日分の薬を処方します。2種類の薬を内服します。

※代表的な副作用としては、肝炎・肝機能障害・皮疹・軽い頭痛・腎機能障害・軽いお腹の張り(腸管内のガスが増えます)・吐き気などが挙げられます。

再診

服用を始めて13-14日後に再度受診していただきます。
診察および血液検査で副作用がないことを確認後、残りの14日分を処方します。

その後のフォローアップ

原則として、服用開始1ヶ月後、3あるいは4ヶ月後、6ヶ月後のタイミングで、HIV検査とB型肝炎ウイルス・C型肝炎ウイルス・梅毒の検査を適宜お勧めしています。

治療費について

初回及び14日後の診察及び即日検査費用として32,000円(税別)
28日間の薬剤費として、280,000円(税別)となります。
(PEP期間中(4週間)の診察や副作用の有無を確認するための検査)は、上記費用に含まれます。)

※PEP期間(4週間)終了後の検査は、別途費用が発生します。

あおぞらクリニック 新橋院

診療時間

 
平日 午前
11:00〜14:30
平日 午後
16:00〜20:00
土曜・日曜・祝日
10:00〜18:00

※土・日・祝は休憩時間はありません。

※奇数月第二日曜日休診

【男性の方】
予約不要、時間内にお越しください。
※淋病・クラミジアの即日検査の受付は、終了30分前までとなります。

【女性の方】
予約不要、時間内にお越しください。
男女別待合室の為、女性の患者様は女性の待合室にご案内します。

当日の診療は、受付順にご案内いたしますので、お待ちいただくこともありますこと、ご理解いただきますようお願いいたします。

※医師は男性医師となります。
※女性の性器の診察は、土曜日は行っておりません。
膣の検査をご希望の方は自己採取していただきますが、土曜日以外は医師による分泌液採取も可能です。土曜日は自己採取のみとなります。

※生理中は、膣の検査は出来ませんのでご注意願います。

※淋病・クラミジアの即日検査の受付は、終了30分前までとなります。

所在地

〒105-0004
東京都港区新橋2丁目16-1 ニュー新橋ビル3F

【男性】330.331 【女性】339

新橋駅日比谷口から徒歩0分

03-3506-8880


新橋院

あおぞらクリニック 新宿院

診療時間

 
平日 午前
11:00〜14:30
平日 午後
16:00〜20:00

※土日祝休診

※淋病・クラミジアの即日検査の受付は、終了30分前までとなります。

所在地

〒160-0022
新宿区新宿3丁目18-1しんじゅく一色ビル6F

※1Fにソフトバンクさんがあるビルです

新宿駅東口から徒歩1分

03-3353-8800


新宿院

ライター紹介 ライター一覧

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋