東京 新宿 新橋の性病科/即日の性病検査・治療は「あおぞらクリニック」

inspection_img01_d
咽頭淋病の検査はPCR法(核酸増幅検査)を行います。PCR法というのは、
淋病のDNAを増殖させて検査するという方法です。
当院では患者様が検査にストレスを感じる事のないように、うがいでの採取を行っています。
生理食塩水でうがいをし、うがい液を検査に使用します。検査結果は、平日の場合1~2日後にでます。
※土日祝日は検査会社が休みなので遅くなる可能性があります。
inspection_btn01-2
inspection_img03
咽頭クラミジアの検査はPCR法(核酸増幅検査)を行います。
PCR法というのは、クラミジアのDNAを増殖させて検査するという方法です。
当院では患者様が検査にストレスを感じる事のないように、うがいでの採取を行っています。
生理食塩水でうがいをし、うがい液を検査に使用します。検査結果は、平日の場合1~2日後に出ます。
※土日祝日は検査会社が休みなので遅くなる可能性があります。
inspection_btn02-2
inspection_img04
inspection_img05
女性のカンジダ検査は、膣の中に綿棒を入れて分泌物を採取します。
それを検査会社に送り培養し菌を検査します。結果は検査後、数日~1週間程ででます。
※土日祝日は検査会社が休みなので遅くなる可能性があります。
inspection_img06
皮膚の検査は男女共に受けることができます。
検査方法は、かゆみなど症状を感じている部分(亀頭周辺や外陰部など)を綿棒でこすり、
それを検査会社で培養し菌を調べます。結果は検査後数日~1週間程ででます。
※土日祝日は検査会社が休みなので遅くなる可能性があります。
inspection_img07
尿検査は尿を培養し、菌の検査をする方法です。この検査は男性が受けることができます。
採取したものは検査会社に送り検査します。検査結果は数日~1週間程で出ます。
※土日祝日は検査会社が休みなので遅くなる可能性があります。
inspection_btn03-2
inspection_img08
inspection_img09
ヘルペス抗原検査とは、水ぶくれ(水泡)ができている部分を綿棒でこすり検査します。
検査結果は約15分程ででます。ヘルペスの検査をするのはこの方法が1番確実な方法です。
ですが、水ぶくれ(水泡)が出ていないとこの検査はできません。
inspection_img10
症状(水ぶくれ、水泡)が出ていない時はコチラの検査を行います。
ですが、この検査方法はヘルペスに感染していなくても陽性と出る場合があります。
帯状疱疹や水疱瘡という病気の菌と種類が似ているので、
ヘルペスに感染していなくても陽性反応がでてしまうことがあります。検査結果は4~5日程で出ます。
inspection_btn04-2
inspection_img11
inspection_img12
人がHIVに感染すると、ウイルスに対抗してHIV抗体が生成されます。
第3世代抗体検査とはこのHIV抗体を見つける検査です。検査方法は即日15分で検査できる血液検査です。
HIV抗体が生成されるまで8週間程かかるので、それまでは正確な検査ができません。
inspection_img13
HIVを構成している物質の一部である【p24】と呼ばれるたんぱく質を見つける検査です。
検査方法は即日15~20分でできる血液検査です。
第3世代検査で検出することが出来るのは抗体であって、
直接HIVそのものを検出していた訳ではありません。
しかし、p24はHIVのタンパク質の一部であり、直接ウイルスを検出することができます。
inspection_img14
またの名を核酸増幅検査といいます。検査方法は、1週間後に結果の出る血液検査です。
この検査は、HIVの核酸である【RNA遺伝子】を見つける為の検査です。感染の恐れのある行為から、
まだ期間が4週間未満の場合この、【RNA遺伝子】が少なく、
普通に検査をしてもなかなか検出されません。
しかし、NAT検査をすることによって、微量の核酸でも人工的に何万倍にも増幅させて検査することが出来る為、精度が高いです。
inspection_btn05-2

inspection_img15

inspection_img16
女性の場合の検査方法は、膣の中にブラシを入れてこすり、それをHPV(低リスク)という方法で検査します。
検査はコンジローマを発症する可能性のあるウイルスを検出する為の検査です。
結果は約1週間程で出ます。
※土日祝日は検査会社が休みなので遅くなる可能性があります。
inspection_img17
男性の場合の検査方法は、陰部をブラシでこすり、それをHPV(低リスク)という方法で検査します。
検査はコンジローマを発症する可能性のあるウイルスを検出する為の検査です。結果は約1週間ほどで出ます。
※土日祝日は検査会社が休みなので遅くなる可能性があります。
inspection_btn06-2
inspection_img18
inspection_img19
即日検査は男女共に受けれる検査です。検査後30分程で結果を出すことができます。
ですが、精密検査に比べ精度が70%と劣るので、
症状が出ているという方以外は精密検査をオススメします。
検査方法ですが、男性の場合は尿を。女性の場合は膣分泌物をとり菌のDNAを調べるという方法です。
※土日祝日は検査会社が休みなので遅くなる可能性があります。
inspection_img20
精密検査は男女共に受けれる検査です。検査後1~2日程で結果を出すことができます。
即日検査に比べ精度が95%と高いので症状は出ていないけど不安。という方にオススメです。
検査方法は即日検査と同じで男性の場合は尿を。
女性の場合は膣分泌物をとり菌のDNAを調べるという方法です。
※土日祝日は検査会社が休みなので遅くなる可能性があります。
inspection_btn07-2


inspection_img21

inspection_img19
即日検査は男女共に受けれる検査です。検査後15分程で結果を出すことができます。
ですが、精密検査に比べ精度が70%と劣るので、
症状が出ているという方以外は精密検査をオススメします。
検査方法ですが、女性の場合は膣分泌物をとり、
男性の場合は尿道に綿棒を入れて菌のDNAを調べるという方法です。
※土日祝日は検査会社が休みなので遅くなる可能性があります。
inspection_img20
精密検査は男女共に受けれる検査です。検査後約2〜3日程で結果を出すことができます。
即日検査に比べ精度が95%と高いので症状は出ていないけど不安。という方にオススメです。
検査方法はですが即日検査を少し違い、男性の場合は尿を。
女性の場合は膣分泌物をとり菌のDNAを調べるという方法です。
※土日祝日は検査会社が休みなので遅くなる可能性があります。
inspection_btn08-2

 

 

inspection_img22-2

inspection_img23
即日検査は男女共に受けれる検査です。検査後15分程で結果を出すことができます。
検査方法は採血で、検査の結果陽性だった場合確認の為次にRPR法の検査を受けて下さい。
基本的にTP法・RPR法の両方の検査を受けてもらいます。
検査は疑いのある行為から約2ヶ月以上経っていれば受けることが可能です。
inspection_img24
精密検査は男女共に受けれる検査です。検査後翌日に結果を出すことができます。
検査方法は採血で、TP法と両方受けてもらいます。
こちらは疑いのある行為から約1ヶ月以上経っていれば可能です。
※土日祝日は検査会社が休みなので遅くなる可能性があります。
inspection_btn09
↑