1. TOP
  2. よくある質問
  3. 淋病のQ&A

淋病のQ&A

淋病に関するQ&A一覧

淋病に関するQ&A

  • のどの淋病の検査も一緒にしておいたほうが良いのでしょうか?
    はい、のどに感染している相手とキスをすると、のどに感染してしまいます。
    また、性器に感染している相手とオーラルセックスをすると、のどに感染します。
    ご自身ののどから性器に感染することはありませんが、相手の体を介してのどにも感染します。
    のどは症状が出にくいので、一緒に検査することをおすすめしています。
  • 治るまでにどれくらいかかるの?
    ほとんどの方は1回の点滴で完治できます。
    痛みや膿なども、点滴をしてから2〜3日でなくなることが多いです。
    また、1回の点滴で淋病と咽頭淋病、両方を治療することができます。
    性器の淋病には1日服用するお薬の処方での治療も可能ですが、点滴治療をおすすめしています。
    咽頭淋病に感染している方は、点滴治療となります。
  • 確認検査や治癒検査には必ず行かないといけないの?
    はい。検査には必ずいらっしゃって下さい。
    治療後、症状がなくなっていてもまだ菌が残っている可能性があります。完治の確認には確認検査が必須になりますので、4週間経過後にもう一度いらっしゃって下さい。
  • もし治療をしなかったら、どうなりますか?
    残念ですが、治療をしないと病気の進行を止めることは出来ません。
    淋病の場合は数日で症状が悪化することが多いです。
    症状が進行すると、男性の場合には精巣に菌が侵入し、炎症が起こり不妊の原因になることもあります。
    女性の場合は腹部に菌が侵入し不妊の原因に。さらに激しい腹痛に襲われる方もいらっしゃいます。

メールでの問い合わせ メールでの問い合わせ

あおぞらクリニック 新橋院

診療時間

 
平日 午前
11:00〜14:30
平日 午後
16:00〜20:00
土曜・日曜・祝日
10:00〜18:00

※土・日・祝は休憩時間はありません。

※奇数月第二日曜日休診

【男性の方】
予約不要、時間内にお越しください。
※淋病・クラミジアの即日検査の受付は、終了30分前までとなります。

【女性の方】
予約不要、時間内にお越しください。
男女別待合室の為、女性の患者様は女性の待合室にご案内します。

当日の診療は、受付順にご案内いたしますので、お待ちいただくこともありますこと、ご理解いただきますようお願いいたします。

※医師は男性医師となります。
※女性の性器の診察は、土曜日は行っておりません。
膣の検査をご希望の方は自己採取していただきますが、土曜日以外は医師による分泌液採取も可能です。土曜日は自己採取のみとなります。

※生理中は、膣の検査は出来ませんのでご注意願います。

※淋病・クラミジアの即日検査の受付は、終了30分前までとなります。

所在地

〒105-0004
東京都港区新橋2丁目16-1 ニュー新橋ビル3F

【男性】330.331 【女性】339

新橋駅日比谷口から徒歩0分

03-3506-8880


新橋院

あおぞらクリニック 新宿院

診療時間

 
平日 午前
11:00〜14:30
平日 午後
16:00〜20:00

※土日祝休診

※淋病・クラミジアの即日検査の受付は、終了30分前までとなります。

所在地

〒160-0022
新宿区新宿3丁目18-1しんじゅく一色ビル6F

※1Fにソフトバンクさんがあるビルです

新宿駅東口から徒歩1分

03-3353-8800


新宿院

ライター紹介 ライター一覧

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋