東京 新宿 新橋の性病科/即日の性病検査・治療は「あおぞらクリニック」

よくある質問Q&A

HIVはどれくらいの確率でうつりますか?

HIV自体の感染力は強くないので、必要以上に心配しなくても大丈夫です。 ただし、性器や口の中に傷がある場合はうつるリスクが高まるので一度検査をしておくことをおすすめします。

HIVに感染しないためにはどんな事に気をつけたらいいの?

第一に性行為にはコンドームを正しく使いましょう。そしてHIV検査を受けて、ご自身が感染していないことを確認して下さい。特定のパートナーがいれば相手にも検査を受けてもらいましょう。お互いに他のセックスパートナーがいなければ、二人の間での性行為は 安全と言えます。

HIVになっていた場合、どのような症状が出るんですか?

発症して2週間ほどで発熱、倦怠感、筋肉痛、肺に違和感、下痢、のどが痛い、嘔吐、リンパ節の腫れなどの症状が出ることがあります。ただし、これらの症状が出ない場合もあるので、無症状でも不安な場合は検査をうけておいたほうがいいでしょう。

検査は早めにしておいた方がいいの?

できるだけ早めの検査をおすすめします。 もしHIVに感染していて治療をしないとエイズが発症してしまいます。薬を服用しているか服用していないかで病気の進行速度が大きく変わりますので、早めの検査・治療を行いましょう。 あおぞらクリニックでは、感染の心当たりから14日経過した後、できる検査をご用意しております。

いつから検査を受けることが出来るの?

あおぞらクリニックでは最短で、思い当たる行為から2週間後に検査を受けることが出来ます。2週間経過する前では正確な検査を行うことができないので、ご注意下さい。

HIV検査はどこで受けることができますか?

HIVを検査する代表的な方法としては、 ・病院で検査する ・保健所で検査する ・キットを使って自宅で検査する の3種類があります。
↑