東京 新宿 新橋の性病科/即日の性病検査・治療は「あおぞらクリニック」

condyloma_img01

コンジローマ(コンジローム)はヒトパピローマウイルス(HPV)というウィルスが原因となる性病です。
尖圭コンジローマにかかっていると、性器やその周辺の傷害のためHIV感染を
受けやすい状況となり、危険があります。
尖圭コンジローマ患者は、HIV感染率が10倍以上高まるという報告もあります。

condyloma_img02

condyloma_img03-1

男性患者

性器周りに小さなブツブツが
できているのですが、
これは何なのでしょう?

あおぞら看護師

コンジローマやヘルペスなどの可能性があります。
病院で検査を受けましょう。

byouki_line01

女性患者

性器にイボのようなものができています。
これは性病なのでしょうか?

 

あおぞら看護師

コンジローマやヘルペスなどの可能性があります。
病院で検査を受けましょう

 

condyloma_img04

感染から8週間~2年経過すると、陰茎の亀頭やその周囲、包皮や陰のうなどに 乳頭状、鶏冠状のイボができます。
また、肛門周囲や肛門内、尿道口にも感染し、尿道や直腸内部にも発生することがあります。
肛門周囲の場合は肛門科での治療になります。

 

condyloma_img05-2

condyloma_img06-1
condyloma_img08-1 condyloma_img09-1

 

尖圭コンジローマは手術以外にイミキモドクリームを患部に塗布することで治療します。
イミキモドクリームは隔日で週に3回使用します。
夜にクリームを塗り翌日の朝石鹸で洗い流します。
治療にかかる期間は症状により変わりますが、長い場合だと16週間まで継続します。
また、-196度で凍結させる液体窒素療法を併用することでより早く治療できます。
(当院では手術は行っておりません。)

 

chlamydia-img12

あおぞら看護師

あなたに症状が出始めたら、
パートナーの方にも感染している可能性が高いです。
現在パートナーに症状が出ていなくても数ヶ月後などに
発症するかもしれません。
症状があればパートナーの方も一緒に検査を受け、
治療しましょう。
どちらか1人が治ってもまたパートナーからうつったりと
続いてしまします。
↑