東京 新宿 新橋の性病科/即日の性病検査・治療は「あおぞらクリニック」

chlamydia-img01

クラミジアという病気は、すでにうつっている人と性的な行為をすることで
感染してしまう性病の一つです。 」性病の中でも一番うつっている人の数が多く、
気がつきにくい病気であることも特徴になっています。

chlamydia-img02

chlamydia-img03

男性患者

クラミジアにかかっていると、
他の性病にもかかりやすいと聞いたんですが…
どうなんでしょうか?

あおぞら看護師

確かにそうですが、クラミジアだけではなく
1つの性病に感染している場合は
他の性病に感染しやすいです。
放置せずにしっかりと治しましょう!

byouki_line01

男性患者

もし治療をしなかったら、どうなりますか?

あおぞら看護師

治療せず放っておくと、病気が進行してしまい、
どんどんひどくなり他の病気に発展します!
放置せずにしっかり治療しましょう!

chlamydia-img04

クラミジアの症状は基本的にあまりありません。
自覚症状がないのでその間にさまざまな病気に併発する危険性を伴っています。

性器クラミジアの場合
女性の7〜8割の方は症状に気づきません
男性の場合でも5割の方は症状に気づきません!

喉のクラミジア「咽頭クラミジア』の場合
男性・女性ともに9割の方が症状に気づきません!

その為…

chlamydia-img5-1

男性がクラミジアに感染した場合、
尿道に炎症が生じることで排尿時に痛みをともなうことがあります。

痛みだけでなくかゆみを感じる場合もあり、
ほかにもサラサラした尿道分泌液が出ることもあります。


症状が引いたあとでも感染が続いていることはあり、
治っていないことが多いと言われます!

感染した状態を放置していると、
精巣上体にクラミジアが侵入して睾丸全体が膨れて痛み出します。

また睾丸の横にしこりができて、男性不妊につながるといわれています。

女性がクラミジアに感染した場合、
おりものが増えたり不正出血が出たりします。
また、生理痛のような痛みが無症状のときも多くなってくるようです。

感染をそのまま放っておくと
子宮頸管炎や子宮内膜炎、卵管炎、骨盤膜炎などにつながります。

ひどい場合は、臓器にまで影響を及ぼすことがあるようです。
また、感染する機会や回数が増えると不妊にもつながります。

さらに、子宮外妊娠や流産、早産にもなる原因が高くなります。

chlamydia-img06

chlamydia-img12

あおぞら看護師

クラミジアは症状があまり出ないので感染に気づきにくく、
その間に相手にもうつしてしまうという事が多いです。
少しの異変、思い当たる行為があるのであれば
自己判断で放置せずに病院でしっかりと検査を受けましょう!

 

sp_chlamydia_img01

クラミジアという病気は、すでにうつっている人
と性的な行為をすることで感染してしまう性病の
一つです。 性病の中でも一番うつっている人の数
が多く、気がつきにくい病気であることも特徴に
なっています。

sp_chlamydia_img02

sp_chlamydia_img03

男性患者

クラミジアにかかっていると、
他の性病にもかかりやすいと聞いたんですが…
どうなんでしょうか?

あおぞら看護師

確かにそうですが、クラミジアだけではなく
1つの性病に感染している場合は
他の性病に感染しやすいです。
放置せずにしっかりと治しましょう!

sp_line

男性患者

もし治療をしなかったら、どうなりますか?

あおぞら看護師

治療せず放っておくと、病気が進行してしまい、
どんどんひどくなり他の病気に発展します!
放置せずにしっかり治療しましょう!

sp_chlamydia_img04

クラミジアの症状は基本的にあまりありません。
自覚症状がないのでその間にさまざまな病気に併発する危険性を伴っています。

性器クラミジアの場合
女性の7〜8割の方は症状に気づきません
男性の場合でも5割の方は症状に気づきません!

喉のクラミジア「咽頭クラミジア』の場合
男性・女性ともに9割の方が症状に気づきません!

 

その為…
sp_chlamydia_img05

男性がクラミジアに感染した場合、
尿道に炎症が生じることで排尿時に痛みをともなうことがあります。

痛みだけでなくかゆみを感じる場合もあり、
ほかにもサラサラした尿道分泌液が出ることもあります。
症状が引いたあとでも感染が続いていることはあり、
治っていないことが多いといわれます

感染した状態を放置していると、
精巣上体にクラミジアが侵入して睾丸全体が膨れて痛み出します。

また睾丸の横にしこりができて、男性不妊につながるといわれています。

女性がクラミジアに感染した場合、
おりものが増えたり不正出血が出たりします。
また、生理痛のような痛みが無症状のときも
多くなってくるようです。

感染をそのまま放っておくと
子宮頸管炎や子宮内膜炎、卵管炎、骨盤膜炎などにつながります。
ひどい場合は、臓器にまで影響を及ぼすことがあるようです。
また、感染する機会や回数が増えると不妊にもつながります。

さらに、子宮外妊娠や流産、早産にもなる原因が高くなります。

sp_chlamydia_img06

sp_itami_btn01

あおぞら看護師

クラミジアは症状があまり出ないので
感染に気づきにくく、
その間に相手にもうつしてしまう
という事が多いです。
少しの異変、
思い当たる行為があるのであれば
自己判断で放置せずに
病院でしっかりと
検査を受けましょう!

 

↑